お車代やお礼っていったい何?

結婚式を行う場合、参列者に受付や主賓や乾杯のあいさつなどをお願いすることがありますよね。そういった人たちに「お礼」として、遠方から来てくれた友人や親せきなどには、来るためにかかった交通費や宿泊費などを「お車代」として渡す風習があるんですよ。お礼やお車代は基本的には当日渡すため、事前に準備をしておく必要があります。そのためある程度誰に何を依頼するか決まったり、参加者が明確になったら誰にお礼やお車代を渡すのかリストアップしておくとスムーズですよね。

お車代やお礼の相場はいくらくらい?

お車代やお礼はいったいいくらくらいつつめばいいのだろうと、疑問に思う人もいますよね。まず遠方から来てくれる友人や親せきですが、大体宿泊や交通費としてかかった金額を全額負担するといいですよ。でも全額はきついという人でも、最低でも半額程度は負担しましょう。またその際の宿泊施設はこちらで準備するようにしてくださいね。次にお礼ですが受付なら大体3000円~5000円、乾杯や主賓などを行ってくれた人には最低でも1万円は渡すようにしましょう。

お車代やお礼の書き方は?誰が渡すの?

お車代やお礼は、ご祝儀袋か小さなポチ袋に入れて渡すのが一般的なんですよ。書き方は御車代又は御礼と書き、その下に新郎側なら新郎の名字を、新婦側は旧姓の名字を書いてくださいね。基本的には渡す人の名前は書かないのですが、誰に渡すかわからなくなると困る場合は、付箋などに書いて貼っておくよいいですよ。御礼やお車代は当日渡すのですが、忙しい新郎新婦に代わって両家の両親が渡すのが一般的です。そのためあらかじめ両親に誰に渡すのか伝えておくようにしてくださいね。ただし遠方から来る人が多く、お車代をたくさん渡さなければいけない場合は、受付で渡して貰うようにするとスムーズですよ。

結婚式とは人生の新たなる門出の日です。この一生に一度の最高の日を、白金の結婚式場で挙げてみませんか?

Categories: 未分類

Comments are closed.