離婚が一般的になった昨今

結婚も以前は一度すると長きをともにすることが多かったのです。死ぬまで一緒にいることが多く、プロポーズの言葉にも、一緒のお墓に入ってください、というようなものもあったほどです。長く一緒にいるということは、まるで企業の終身雇用制のようでその企業で働きつくすというイメージと重なるところがありますが、企業の終身雇用制が崩壊して転職が一般的になったように、結婚生活でも一生一緒にいるよりも、よりいい人を見つけるために離婚も一般的になってきたのですね。

結婚指輪にお金をかける人が少なくなったこと

そのためか、結婚する際にかける出費も控えているケースも多いです。結婚式を挙げないことも、万が一離婚することになったことを考えると、もったいないと思っている人も多いからでしょうね。ある程度一緒に生活してみて、時間を置いてから結婚式を挙げるというカップルも少なくないようです。また結婚指輪も高価なものを購入することも少なくなり、また昔は一般的であったイニシャルを彫ることも、離婚した際に買取しやすくするために、わざと彫らない人もいます。

記念日に送られる指輪の意味合い

結婚指輪は昔ほど高額なものを購入しなくなったかわりに、10年後等といった行って期間後にメモリアルとして指輪を購入するケースも多くなっています。その際にはどちらかというと、夫から妻への指輪になり、妻としてもそのようなタイミングでもらうことが楽しみに感じることも多いです。結婚を機に記念として購入する結婚指輪ですが、それ以降も一緒にいることを記念して贈られる指輪の意味合いには、離婚が多い昨今の環境から比して、本当の記念になることでしょう。

他の人が誰も持っていない世界で1つだけのオリジナルな指輪が欲しい人が利用しているのがフルオーダーの結婚指輪です。

Categories: 未分類

Comments are closed.