結婚式はお金がかかる?!

そろそろ長く付き合ってきたパートナーと結婚したいけど、結婚式ってお金がかかりそう結婚式にかかる費用が気になっていざ結婚に踏み切れない方、多いんじゃないでしょうか?しかし実際に請求される金額と自分たちで払う金額は大きく違います。なぜなら、ご祝儀という結婚式に参列してくださった皆様からのお心遣いがあるから。そもそも親戚や友人、会社の上司などでも金額は大きく変わってきます。では、実際どれくらいが持ち出し費用として覚悟しておいたら良いのでしょうか?

そもそも結婚式はいくらかからの??

あくまで私の実体験での話ですが、自身の結婚式の時は参列していただいた方々はちょうど100人でした。披露宴で大きくお金がかかるのですが、例えばお食事だけでも一人当たり2万円、フリードリンクで4千円この時点で2万4千円×100人なわけですから、240万円かかります。そして引き出物や献花代金、その他もろもろで合計480万円かかったので、一人当たり4万8千円かかった計算になりますが、ここでしっかり分けて考えておきたいのは「人数が増えるとかかる費用」と「人数が増えると減る費用」のに種類があることです。前者は飲食費、引き出物など変動する費用で、後者は献花代金やウェディングドレスなどほぼ固定されている費用。この二種類のお金の動きがわかっていればお金の計算がしやすくなります。

実際持ち出し費用は幾らなの!?

例えばご両親や血縁の深い親戚、会社の上司や仲の良い先輩とご自身の後輩とでは披露宴に持ってきてくださるご祝儀の額は変わってきます。私自身の結婚式の時は100人の参列者のうち、親戚と上司などで大体30人ほどご参列いただいたのですが、その方々だけで200万円近くのご祝儀がありました。そうなるとあとは70人で残り280万円??さすがにそこまではいきませんが挙式前の計算では一人当たり2万5千円のご祝儀計算をお勧めします。つまり、このケースだと70人×2万5千円ですので175万円となるので、上司や、親戚からのご祝儀と合わせると大体375万円くらいとなり、総額480万円の結婚式のうち実質的な持ち出し費用は105万円となります。そして一年以上前から会場を抑えていたので10パーセントオフでしていただいたので48万円そこから引くと、実質の持ち出しはなんと57万円ほどになります!!このように、請求書だけ見ると高額になる結婚式ですが、いろんな方のお心遣いや早めの契約などで結構安くなることも多いようですので、思い切って結婚に踏み切ってみてはいかがでしょうか??一生に一度、きっと素敵な思い出ができますよ。

もしも結婚式場を探しているなら、高崎がおすすめです。高崎の結婚式場ならば、美しい庭園を眺められるゲストハウスや、豪華な演出のホテルウェディングなど、新郎新婦の好みに応じて自由に選べるというメリットがあります。

Categories: 未分類

Comments are closed.