結婚式を挙げるにいたり、知っておきたいこと。

結婚式とは、婚姻を成立させるため、確認のための儀式であると言われています。また日本神話では、イザナギとイザナミの国生み・神生み神話ではオノゴロ島に天の御柱を建てたと言われています。そしてこの天之御柱を右からと左からお互いがと周りであったところで会いましょうと、愛しい方々が、約束を守って結ばれたという描写があり、それが元となり結婚式の起源ともいわれている。また日本は少なくとも庶民の間では結婚式は自宅で行うことが多かった。

色々なスタイルがでてきた結婚式について

昔は、結婚式は自宅で行うことが多かった中、神社で行う「神前結婚式」は日本独自の宗教の神道から大きな影響を受けているようです。また日本で行われる「キリスト教式結婚式」は、キリスト教徒の結婚式を模した結婚式であるといわれています。現在の日本では、キリスト教徒は人口の1%程度であるといわれていますが、信仰とは無関係にキリスト教徒を模した挙式を望む人々が非常に多くなってきているようです。やはりウエディングドレスなどがオシャレで華やかという理由があるようです。

一般的にはどういう結婚式が理想なのでしょうか

キリスト教式結婚式は、一般的に進行は、牧師さんが司式し、主に先に新郎が入場して祭壇のの目で待つ。そこえウエディングドレスブーケを持ち、ウエディングドレスを身にまとった新婦がエスコートするお父さんとともに入場していくというイメージがあります。ですが、最近では、結婚式を挙げない人が多く、あげたくても挙げれない人々が多数いるようです。私としても女性の意見で言わせてもらえるならば、ウエディングドレスだけでも着たいので写真を記念に取る方法だけでも幸せな結婚だと思わされます。

鶴岡八幡宮での結婚式で一生の思い出にのこる一日を体験してください。

Categories: 未分類

Comments are closed.